ニュース

ニュース

2019.12.06

“東京の地酒”を世界に発信!「TOKYO Local Craft SAKE」プロジェクト始動

東京の隠れた名産“地酒”を英語で世界へ
2018年には3000万人を突破し、増加の一途をたどる訪日外国人。そのうち半数近い約1424万人が、東京を訪れています。「TOKYO」への関心が世界的に高まる中、「TOKYO」を切り口に日本酒の新たな挑戦が始まりました。


左から、JFOODO(日本食品海外プロモーションセンター)大泉裕樹事務局長、田村酒造場田村半十郎蔵元、小澤酒造(株)小澤幹夫代表取締役社長、石川酒造(株)石川彌八郎代表取締役社長、コンタツ(株)・津久浦慶明代表取締役社長

その名も「TOKYO Local Craft SAKE」。東京・八重洲で大正時代に創業した酒類卸のコンタツ株式会社が、東京・多摩地区の老舗酒蔵である田村酒造場、小澤酒造株式会社、石川酒造株式会社とタッグを組み、東京の日本酒を世界へと発信するプロジェクトです。その発表が11月26日、都内で行われました。



左より、「熊川一番地」石川酒造(福生市)、「純米吟醸蒼天」小澤酒造(青梅市)、「嘉泉純米吟醸」田村酒造場(福生市)

Despite many foreign visitors having an interest in sake, it is true that those who do not understand Japanese cannot read the information on sake labels except for the numbers written on them. They often say they cannot feel close to sake because they do not know what it tastes like. So, the project made all the information on the back labels of sake written in English. Based on the guidelines recommended by the Japan Food Product Overseas Promotion Center (JFOODO; established within JETRO), it provides the information on taste and aroma of sake, sake & cuisine pairing, ideal temperature for sake and sake breweries, all in English. The name of products is also translated into English to make it easier to tell what they are like.


裏ラベル


さらに、統一感を打ち出すために共通の紫封印紙を使用。東京都が“東京産品”にのみ利用を認める「Tokyo Tokyo Old Meets New」のブランドアイコンを清酒として初めて用いてました。伝統と革新を世界に届ける、新しい“東京ブランド”の誕生です。